2019年09月25日

囲碁入門激闘譜第5戦

【囲碁入門激闘譜第5戦その1】

黒16_4白4_16黒17_16白4_4
黒6_3白14_3黒3_3白16_3
黒17_3白15_4黒16_2白15_3
黒16_5白4_3黒3_4白3_2
黒2_2白4_1黒2_3白6_2
黒3_5白7_3黒6_4白5_3
黒6_6白9_3黒3_7白4_10
黒6_17白5_17黒6_16白5_16
黒5_18白4_18黒6_19白10_10


まで36手まで。以下つづく。


【識堂流布石】
■先日、三角星布石なるものを編み出した私だが、これはどうも黒番には向いていない気がしている。その分、勝てたら奇跡でも起こりそうなもんだがな。ちょっとしんどいので黒番向けの布石を考えてみた。感触がいい。それは16の4星、17の17三々、16の11(星に打つときもある)である。識堂流布石の誕生じゃ〜。







【囲碁入門激闘譜第5戦その2】

黒10_16白11_3黒5_11白7_11
黒5_10白4_11黒4_9白5_12
黒4_12白3_12黒4_13白3_13
黒4_14白3_14黒5_15白4_15
黒5_14白6_12黒3_10白3_11
黒3_9白10_15黒6_9白6_10
黒7_10白6_11黒5_9白7_9
黒7_8白8_10黒8_9白7_10
黒9_10白9_9黒8_8白9_11


まで72手まで。以下つづく。


【勝負と人生】
■勝負に臨む棋士は気力・体力・碁力の充実が大事やろ。プロにはファンや身内友人等、応援者を抱えているからしょってるものがあってのモチベーションが囲碁を面白くしているというもんだろ。人間の戦いのドラマを感じたいものである。


【囲碁入門激闘譜第5戦その3】

黒9_15白9_14黒8_14白8_15
黒9_16白7_14黒8_13白7_15
黒10_14白9_13黒11_15白8_12
黒6_15白7_13黒7_16白10_13
黒11_13白11_12黒12_13白12_12
黒13_13白13_12黒15_13白16_10
黒17_7白16_7黒16_8白15_7
黒16_6白15_6黒15_8白14_8
黒10_8白11_8黒9_8白10_7


まで108手まで。以下つづく。


【ヒカ碁を超えるおもしろさ】
■実はわし、ヒカ碁の漫画を読んだこともアニメを観たこともない。すなわち内容がいまだに知らんのだ。ヒカ碁に影響されて囲碁を覚えたもんが少くないようだが、このわしの[囲碁入門激闘譜]はヒカ碁を超えるおもしろさだからこれに影響されて囲碁を始めくれたらうれぴぃ〜かも。



【囲碁入門激闘譜第5戦その4】

黒10_9白9_10黒11_9白12_9
黒12_10白13_10黒12_8白13_9
黒11_8白11_10黒10_6白12_11
黒9_6白12_6黒11_6白13_7
黒12_5白13_5黒12_7白13_6
黒12_4白12_3黒11_5白15_5
黒13_4白13_3黒14_4白14_5
黒13_8白14_9黒15_9白14_7
黒15_10白16_11黒15_11白16_12
黒15_12白16_13黒16_15白16_14


まで148手まで。以下つづく。


【囲碁チューバー】
■囲碁ユーチューバーの解説しながらの実況対局は面白い。いいね、いいね。その他囲碁動画が飽きない。いい気休めになるよ。


【囲碁入門激闘譜第5戦その5】

黒15_14白16_9黒17_8白17_9
黒18_14白18_13黒18_12白17_14
黒19_13白17_13黒17_12白18_15
黒19_15白19_14黒18_16白19_16
黒19_17白19_12黒19_15白17_11
黒19_16白18_11黒17_15白18_14
黒18_9白18_10黒19_9白19_10
黒18_7白4_19黒5_19白8_16
黒8_17白12_16黒12_15白14_16
黒13_16白15_15黒15_16白14_15



まで188手まで。以下つづく。


【囲碁の効能】
■囲碁ユーチューバーの解説しながらの実況対局は面白い。いいね、いいね。その他囲碁動画が飽きない。いい気休めになるよ。おかげでプロ野球用無しとなっちゃったよ。これホント。ありがとさんよ。〜〜



【囲碁入門激闘譜第5戦その6】

黒13_15白15_17黒16_16白14_17
黒16_18白16_17黒17_17白18_18
黒15_18白14_18黒13_17白17_18
黒13_18白19_18黒14_19白18_17
黒14_12白14_11黒14_10白13_11
黒10_4白10_3黒9_4白8_3
黒8_4白15_2黒17_1白10_1
黒17_5白12_2黒4_5白5_4
黒5_5白7_4黒6_5白3_1
黒7_5白2_10黒2_9白1_11


まで228手まで。以下つづく。




【プロ野球との悪縁を断つ】

ネット碁を始めてから、プロ野球と疎遠になり、すっかりプロ野球の影が薄くなってしまい、もはや用無しとなったよ。阿呆男衆(あほだんしゅう)と縁が切れて解放感でいっぱいだ。囲碁最高!!ありがとさんよ。



【囲碁入門激闘譜第5戦その7】

黒15_19白17_19黒2_1白14_14
黒13_14白7_18黒6_18白6_15
黒7_17白8_18黒9_18白5_13
黒14_13白10_17黒9_17白10_18
黒8_19白9_19黒10_19白11_19
黒11_18白9_18黒11_17白12_19
黒10_19白3_16白15_1白14_1
黒16_1白18_3白18_4白18_2
黒17_2白18_1黒17_4白19_8
黒18_8白16_19黒13_19白2_14
黒19_3白5_7黒6_7


271手まで。黒(自分)12目半勝ち。




【テキトー打ちの限界】
わしは19路は手数がかかるところから、非常にせっかちになり、速打ちになってしまう。もっとじっくり先をよむ癖を付けたいじょ〜。勝負に焦燥感は禁物だ。囲碁はそれを教えてくれる。
posted by たふなんど at 17:58| Comment(0) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: